kunikloブログ

治療院の選び方

こんにちわKuniklo鍼灸整骨院院長の柴田です😄

本日は街中に溢れている治療院を選ぶ際のポイントを自分なりの解釈で

ご紹介していきたいと思います。

今回は主に名称の違いについて書いておりますので、興味があればぜひ読んでみてください😊

 

まずはじめに整形外科」。

こちらは【医師】の免許を持っている方が診察をします。

【医師】免許にはこれから書いていく他の免許ではできない特権が数多くあります。

代表例としてレントゲン撮影や確定診断は医師にしかできません

あなたは「ヘルニア」です「狭窄症」ですというのは医師にしかできない権利です。

こちらは御存知かとは思いますが保険診療が可能です。

 

 

続いて「整骨院」「接骨院」。この2つは同じものと考えて頂いて大丈夫です。

これらの名前を付けた院をかまえるためには【柔道整復師】の免許が必要になります。

この【柔道整復師】の免許を取得するためには3年以上専門学校、あるいは大学に通う必要があり、

必要な単位を取得後、厚生労働省の実施する国家試験に合格する必要があります。

【柔道整復師】の免許は保険診療を行う権利があるので、「整骨院」「接骨院」の名称の施術所は

多くの場合保険診療が可能です。しかしながら内容、施術時間、金額については各施術所で異なります。

保険診療はあくまでも急性の怪我に対して適応になりますので慢性の肩こりや腰痛に関しては自費での治療になります。

 

次に「鍼灸院」こちらもかまえるためには【はり師】【きゅう師】という免許が必要になります。

よく【鍼灸師】と言いますが厳密には【はり師】と【きゅう師】は別々の免許になります。

しかしながら試験も同時に行われますし、両方同時に取得する場合が多いのであながち

間違いでもありません。

こちらも【柔道整復師】同様3年以上学校に通い国家試験に合格する必要があります。

あまり知られてはいませんが鍼灸の治療も特定の症状に対しては健康保険が適応になる場合があります。

しかしながら患者さん本人が医師の同意をもらうこと必要となり、取り扱わない鍼灸院が多いので希望があれば問い合わせてみると良いでしょう。自費診療のところが多いです。

 

続いて「整体院」「カイロプラティック」

【整体師】【カイロプラクター】には多くの学校、民間団体がありそれぞれ免許の取得条件の内容が異なります。数回の講習で取得できるものから、数年間の通学や実技実習などを義務付けている条件の厳しいものまで様々です。

もちろんアメリカや欧州の高度なカイロプラティックの資格を取得している先生もいらっしゃいますし、国内の民間資格にも上記のように厳しい資格も存在します。また【柔道整復師】【はり師】【きゅう師】やその他の医療関係の資格を持って施術をされる先生も多くいますので名称だけで判断するのは軽率ではありますが、粗暴な治療を受けると症状が悪化するリスクが高い分野ではあるので、入念な下調べをしてから通院することをおすすめします。ちなみに保険診療は扱えないので自費診療になります。

 

そして60分¥2980などのいわいる「クイックマッサージ」

こちらに関しては特に資格が必要ありません。

マニュアルがあるところもあれば、特になにもなく自由なところもあるようです。

そのため術者にすごくムラがあるように感じます。

【柔道整復師】【はり師】【きゅう師】【整体師】【カイロプラクター】などの専門学校の学生やすでにこれらの資格を持っている方が施術されている場合もあります。

しかしながら特に人体構造、起こりうるリスクなど何の知識も持たないまま施術を行っている場合も多く存在しているのが現状です。

一つ理解していただきたいのは治療では無いという点です。

あくまでもリラクゼーションとして分類されています。

区別が難しいのですが例外として看板に「マッサージ院・指圧院」などと書かれているところは【あん摩マッサージ指圧師】という国家資格が必要となりますので「クイックマッサージ」とは別で考えてください。

 

この他にも「サロン」「アロママッサージ」等ありますが今回は割愛させて頂きます。

これらにも国際資格から国内の民間資格まで多くの種類の免許が存在します。

 

このように一見わかりにくい名称ですが、これらの名称の内容の違いを理解していただくことで症状や希望に合わせた選択がしやすくなるのではないかと思います。

今回どうしても資格についての記載が多くなってしまいましたが、HPやパンフレットを見て治療院を選択する際のわかりやすい判断材料として書かせて頂きました。

国家資格を持っていても医療過誤を起こしたり、セクハラ問題を起こしたり、知識の乏しい先生もいます。

国家資格が無くても膨大な知識、経験をお持ちでゴッドハンドと呼ばれる先生はたくさんいます。

資格の有無、優劣で判断するものではないとは思いますが、実際に治療を受けてみないことには良し悪しを判断することはできないので治療院を選ぶ際の知識として覚えておいていただけたらなと思います。

治らない場合はあっても悪化したり嫌な気分になることは避けていただきたいので。。。。